骨盤ゆらゆら体操の体験談

骨盤ゆらゆら体操の体験談

【東京都・青山喜美江さん・71歳】

 

 私が最初に足に違和感を覚えてのは50才のころ。
外出して長時間歩いた際に、足の裏や太ももに強いしびれを感じたのです。
それ以来、年に数回、そのようなしびれに襲われましたが、
症状はすぐにおさまりますし、もう何年も水泳で体力をつけてきたという自信もあり、
病院で詳しい検査を受けることはありませんでした。

 

 ところが、一昨年の10月。外出するために自宅を出たとたん、
両足にしびれが起こり、足がもつれて歩けなくなってしまったのです。
しびれは足の裏、太ももに加え、ふくらはぎや足の甲にまで及び、
下半身全体がビリビリしました。

 

 整形外科を受診すると、脊柱管狭窄症とのこと。
医者には手術をすすめられましたが、背中にボルトをいれるというので、
簡単には決心がつきません。結局、半年ほど悩んだでしょうか。
その間に、偶然手にした健康雑誌に載っていたのが、【骨盤ゆらゆら体操】です。

 

 やり方が簡単だったこともあり、早速試してみると、
なんとなくしびれがやわらいだような、足先がジワーっと温かくなるような感覚があって。
その日から、起床後と就寝前の1日2回、【骨盤ゆらゆら体操】を実践するようになりました。

 

 すると、2ヵ月ほどで足のしびれが改善。
以前は、10m歩くだけでも強烈なしびれに襲われてつらい思いをしていたのに、
スーパーに買い物に行っても、犬の散歩をしても、足がもつれることもなく、
立ち止まらずに用事を済ませることができました。また、しびれを感じていたころは、
夜中もそれが気になってなかなか寝付けなかったものですが、
今では朝までぐっすりと眠っています。

 

 最近、家族と一緒にフランス旅行をしてきました。
外出するのを控えていた時期を考えると、まるで嘘のようです。
【骨盤ゆらゆら体操】のお陰で、脊柱管狭窄症が改善し、
水泳を再開したり、旅行をしたり、楽しく忙しい日々を送っています。

 

(雑誌・健康・2014年9月号掲載)

 

この体験談をお寄せくださった青山喜美江さんは、整形外科で手術を勧められる程、
重度の脊柱管狭窄症と診断され、わずか10mの距離ですら歩くのがやっとだったのが、
藁にもすがる思いで、【骨盤ゆらゆら体操】という、腰痛改善体操を行ったところ、
たった2ヶ月で足のしびれが改善し、犬の散歩や海外旅行にだって行けるようになったのです!

 

なので腰痛にお悩みのあなたにも、ぜひ【骨盤ゆらゆら体操】で腰痛を治していただきたいのです!!

 

※他にも多数の体験談がございますので、
 どうぞこちらもご確認ください。
寝たまま、簡単!腰痛体操 「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション